村上椅子

2018-02-19

埼玉納品の旅 その後。

ちょっと長くなりますが、納品後の旅行の記録を。

納品旅に出る時は、その土地の美味しいものや名所などを楽しみに行くのですが、今回は納品先が友人宅だったので、そちらでゆっくりさせてもらうことに。旦那さま手打ちのうどんを鶏肉や野菜の入った出汁でいただく、郷土料理でもてなしてもらい、楽しい時を過ごしました。

ついでに長野に行きたいなとも思っていましたが雪が心配で断念。暖かい方向、なんとなくのイメージで太平洋側かな?いう発想からコースを考えてみました。

埼玉から一直線に海を目指して南下します。普段見る日本海とは全然違う、まっすぐずっと続く水平線とキラキラ輝く海に車中は大歓声。

小田原の町を少し散策しました。天気はとっても良いですが、強烈な寒波の真っ最中で寒い!!お昼は老舗の料理屋さん「だるま料理店」にて天丼やお寿司などをいただきました。建物は登録有形文化財に指定されているそう。大勢のお客さんで賑わっていました。

そして次は、熱海に向かいます。

海に浮かんだ船のようですが、これはホテルからの景色。

普段は車中泊やエコノミーな宿を利用することの多い私たちですが、今回は非日常を味わおうと、ちょっと面白いホテルに泊まってみました。
海岸の断崖にめり込むようにして、岩盤の上に立っているホテルは、昭和48年築。シャンデリアや絨毯など内装もかなりゴージャスで昭和の香りがぷんぷん。。夕食はローマ宮殿をイメージしたという広大なダイニングルームでディナーショーを見ながら。だったのですが、そこだけはちょっと想像以上に濃くて。。なぜか私たち家族がステージの真ん前の席で、あーさんがただならぬ雰囲気と大音量に怯えて食事どころではなくなってしまい、ノリについていけない場違いな私たちはチーンとなりながら、ひたすら演奏が終わるのを待ったのでした(汗)

それにしても、景色は本当に素晴らしかった。すべての客室から海が見えるそうです。海から昇る朝日を見たのは初めての経験で、素晴らしい風景に心洗われました。

翌日は熱海の町をすこし散歩。昭和レトロな喫茶店や気になる店があちこちに。

早咲きの桜が咲いていて、そこだけぱーっと春が来たようでした。ただし気温は低く、「さむ!!」といいながら町の洋菓子屋さん「三木製菓」で買ったアイスクリームを食べるムスメたち。

そして少しずつ京都の方向へ寄り道しながら戻っていきます。
雄大な富士山を見ながらのドライブは気持ち良かったなあ。(写真が一枚もないのですが)

途中、たまたま道路標識で見つけた畑毛温泉が気になって「富士見館」に立ち寄りました。ぬる湯でとっても気持ち良いお風呂で、ムスメたちも大喜び。その後、館主さんお薦めというすぐ近くの食堂で昼食をいただきました。

昼定食1000円は結構なボリューム、具沢山の茶碗蒸しまでついてます。海鮮ちらしだけど、かんぴょうにたくあんまで入っていたり「デザート」はポンカン丸ごと、素朴でほっこりしました。

近くに柏谷横穴群という遺跡と公園があったり、ゆったり広々してとても気持ちの良いところでした。泊まりでまたゆっくり温泉入りに行きたいなあ。

沼津の雑貨やさん「hal」さんも素敵なお店でした。自分の買い物をし、そちらも満足。
そしてもう一度海を見ようと海辺に向かったら、激しい風。。立っていられないほどで、あーさんと私は早々と車に退散しました。

楽しい旅もここまで、あとは京都まで高速を飛ばして。イスオさんお疲れさまです。
(なんだか、旅の終わりはいつも海に立ち寄っているような。)

なかなか遠出も以前のように気軽にはいけませんが、お仕事の縁があればそれをきっかけに、また、まだまだ見たことのない景色や知らない文化、食べ物に出会いにいきたいなと目論む私でした。

 

(いすこ)

2018-02-16

Re:椅子

埼玉納品の旅2

さて、ソファと共に新築のお宅にお届けしたのはこちらの椅子たち。
古い椅子を修理張り替えした、Re:椅子です。

運良くご希望通り、2脚ずつお揃いで二種類、仕入れることができました。

もともとこんなだったのが、これに。

昭和のとある家具メーカーの、これは初期に作られたもので、背もたれの曲線や後ろに向かって狭まっている形など、ちょっとしたところが綺麗でいいデザインです。時代が後になると、作りやすくしてしまったのか、なんだかもっさりした雰囲気になってしまっていて残念です。

タッカーがまだ普及していなかったようで、裏は釘で細かく止められていました。
引っ張りながら釘と金槌で止めていく。職人技ですね。

そして、こちらの椅子も。

これが、こんな風に。

シンプルなようですが横から見るとなんともアンバランスで愛嬌のある椅子。

先ほどの二脚と、張り地はお揃いで。背もたれだけ二色で張り分けています。

どこにもない、素敵なダイニングセットになりましたよ。(納品写真がうまく撮れていなかったので残念…)。

さてさて、「納品の旅」と書きながら、全然旅ではない内容でしたね。。
次回は番外編、旅の様子を書いてみようかなと思っています。

 

(いすこ)

2018-02-15

定番の椅子

埼玉納品の旅 1 

久しぶりの遠方への納品は埼玉県まで。
ソファとRe:椅子のダイニングチェアをお届けしてきました。

まずはソファからご紹介。

定番商品Patinaの3人掛け。シートの幅は1800と、ゆったりサイズです。

三人掛けは、二人掛けの幅をただ伸ばしたのではなくて、肘の部材の太さを微妙に太くし背の後ろ側にしっかりした貫を一本入れて、全体の見た目のバランスと強度を保つ工夫をしています。

生地は、ショウルームに置いている白黒の花柄を気に入られて背面はそれで。
座面は背に合わせてミックス感のグリーンの平織りを選ばれました。
大きいソファですが、ナラのフレームとも良く合って優しい雰囲気にまとまりました。

子供達も気に入ってくれました。
広々、当分は家族四人で座れますね。

ダイニング編は次回へと続きます。

 

(いすこ)

2018-02-01

小さなテーブル

 

小さなテーブルのご紹介。
たまに、古い椅子だけでなくテーブルも仕入れます。

こんなコンパクトなテーブルは、一人用のソファの横に置いて、読みかけの本や飲み物をちょっとおくのに重宝しますよね。細い丸足がかわいいです。

 

天板には、味のあるキャメル色のヌメ革を貼りました。
物を書くのには向きませんが、コップなど置かれるにはあたりが良くていい感じです。

椅子ではないので、Re椅子のところではなく、こちらに詳細を載せておきます。

◎小さなテーブル

天板のサイズ:30cm×45cm
高さ:52cm

¥9500円(税込)

2018-01-27

おしらせ

2月のお知らせ

寒い寒い毎日が続きますね。
雪遊びできるほどは積もらず子供たちは残念そうですが、今朝もずっと雪が舞っています。

さて、2月の臨時休業のお知らせです。

2/3(土)〜5(月)休み

ほか、日祝定休です。

ショウルームは引き続き、ご予約制とさせていただきますので、コウバの営業時間内(月〜土、9時から18時)の間で事前にお知らせください。

ご面倒おかけしますが、ご理解のほどよろしくお願いいたします。