村上椅子

2015-01-16

作業風景

2015/1/16

ソファの肘カバーを縫っています。

黒は見えんわ、と
年配の職人さんがぼやいてはったのが
このごろわかるように、、。
いやまだちょっと早い??

お腹にはカンガルーのように
重たいちびさんがはりついています。
 

ぐずってはストップするので
とってもゆっくりペースですが
ぼちぼちやっています。

なぜだか上だけ生えないんですよねー。

村上椅子のHPはこちら

2014-06-11

作業風景

DMが届きました

楽しみにしていた、古椅子展のDMができあがってきました。
細長い、とは聞いていたのですが、不思議なサイズでつい手に取りたくなる感じ。
素敵なものを作っていただき、ウームデザインさん、小さい部屋さんに感謝です。

さあ、これに見合うだけの内容を用意しなければなりません!

ずらり。張り替え前の椅子たち。

まずは、裏の物置小屋に、またガレージのあちこちに、
一年がかりで集めては積み上げてあった古い椅子を
一同に並べて、全てを見渡すことから。
本当は、少しずつ時間を作って用意していくはずが、
結局全て一気にやることになってしまいました。。
並べるだけでひとしごと。
この時点では、どれをどうしようなど、浮かんでこないので
とりあえずひとつずつ、つぶしていくしかありません。

釘を抜いて、古い生地やバネを外して木枠だけにし
ばらばらに分解して接着し直し、表面を磨いて塗り直し、、
「椅子張り」の工程にいきつくまで長い道のりです。

さあ、どんどんめくっていきますよー。

村上椅子のHPはこちら

2014-01-10

作業風景

1/10 作業いろいろ

年始のお仕事は、年をまたいでお預かりしていたあれこれから。
イスオさんが張っているのは、岐阜から送られてきた
木工家さんの定番スツール。
革を繋ぎ合わせたものを張ります。
ミシンのステッチが、意匠となっています。

そして、山積みのスツールのクッション、
組み立て式の椅子の座面、背中。
それぞれ別のところからのご依頼。

こちらは福岡の木工家さんの椅子の座面。
ヌメ革を張っています。
表にはシワがでないよう、丸みに合わせて
ぐっと引っぱりながら張っていきます。

タッカーの針の外側、余ったシワの部分を
カッターナイフできれいに切り取って完成。
通常はこの上に裏地を張るのですが、この椅子は
きれいな化粧板を使われていて、それを見せる仕上げです。
デンマークの椅子は、このようになっていますね。

どんどんこなしていきますよ。

村上椅子のHPはこちら

2013-12-11

作業風景

12月10日

京都から、近いようで遠い奈良。
現場仕事に行ってきました。

食品工場の休憩室の椅子の張り替え。
休み無く24時間使われているので
一脚ずつ入れ替えながらの作業です。
ホコリ、接着剤の臭いなどあるため、屋外で。

前日までの晴天からうってかわって
寒風吹きすさぶ中での作業。
身体を動かしているので意外に寒くはなかったのですが
途中でまさかの雨が。。。
慌てて屋根の下に移動しつつ、順調に張り替え終わりました。
、、イスオさん、その帽子は工場外では脱いでもいいんよ。

ちょっとした社会見学の気分で工場内を覗かせてもらいました。
これから、一年で一番忙しい時期を迎えられるそう。
きれいになった椅子でほっこり休憩して、頑張って下さいね。

帰り道はこんないいお天気に。
山々が美しかった。
さあて、次のお仕事はなんでしょう。

村上椅子のHPはこちら

2013-10-09

作業風景

きこりいす

座面の張り替えでお預かりしているのは
まるで絵本に出てきそうな、木の椅子。

枝を拾って来て適当に組み合わせたような、
手作り感の溢れる椅子ですが
ちゃんとメーカーのラベルがついていて、
なんとも不思議な感じ。
アメリカのものだそうです。

揃った材料からつくるより
ずっと難しく、手間がかかるんでは??
と思われますが、きっと、きちっと合うということは
そんなに重要ではないのでしょう。
座面のクッション部分も、
取付け部分の幅などがまちまちな、どの椅子にでも合うよう
ラフに張り、ゆとりを持って作られていて、
きちっと作らなきゃという固定概念を覆されるような、
こんなのもありなんだなと思わされるような、
お仕事でした。

でもやっぱり、スキッとピシッと張りたいなあ、、。

村上椅子のHPはこちら