村上椅子

2021-01-20

Re:椅子

ちょっと高めのスツール

古いスツールのご紹介です。

映えない色ですが、、、なんかこれがいいなあと。地味は地味で、また良いものです。
くすんだオレンジ色の織り模様、肌触りはふわっと気持ちいいです。

やや裾広がりの脚に、ばってんの貫(ぬき)が上と下に。ちょっこっと足置きがついていて、実用性は別としてそれがポイントになっていて可愛いです。

フレームは修理済みでもちろんがたついたり緩んだりはしていませんし使用に問題はありませんが、隙間が空いていたり穴があったりと、やや見た目が綺麗ではありません。
細かいこと気にされない方、古びた雰囲気が良いかたにおすすめします。

価格、サイズはこちらから。

Re:椅子 no.203

2020-12-24

Re:椅子

きつね色の肘つき椅子

久しぶりに、肘つき椅子のご紹介です。

後ろ足へとつながる、くの字型の短い肘かけが印象的。
座面は低めで後ろに傾斜しています。かわいいバランスですね。

つやつやの肘が美しいです。

後ろは手縫いで仕上げてシンプルにすっきりと。

布は、明るめのブラウンを合わせました。
イギリスの麻混ウールで、白っぽい糸がちらほら見えてかわいい。
これ何色っていうのかなと考えて、黄土色でもないし、、なにかに似てる!
おいなりさん(いなり寿司)に見えませんか(強引…)。
というわけで本当のきつね色はもう少し濃い色かと思いますが、私の中ではこの椅子は「きつね色の肘つき椅子」と命名されました。

詳細はこちらから。 Re:椅子 no.202

今年も残り一週間となりましたね。長かったような、あっという間だったような。

12月29日(火)から1月5日(火)までお休みとさせていただきます。
よろしくお願いいたします。

2020-11-14

Re:椅子

丸椅子

今日は丸椅子のご紹介。

大きくはありませんが、しっかりとした木部で安定して座れるスツールです。

すとんとした角足は朴訥な雰囲気。華奢すぎず、がっしりしすぎず。程よいボリューム感が良いです。

クラシックなややベルベット調の、シックな橙色っぽい布をあわせたら、木部とあいまって素朴で落ち着いた雰囲気に仕上がりました。

近ごろでは状態の良いスツールはなかなかないので、おすすめです。

 

Re:椅子 no.201

2020-11-12

Re:椅子

黒い曲木の椅子

引き続きRe椅子のご紹介です。
ずっと製作の余裕がなく、あと一息のところでおいてあった古い椅子たちを、勢いに乗ってギュギュっとまとめて仕上げました。

曲木のフレームが美しい、飛騨産業の古いダイニングチェア。もともとはこってりした黒っぽい塗装にぺかぺかのビニールレザーが張ってありましたが、せっせと塗装をおとし(ここから寝かすこと約1年…)美しい木肌が引き立つ自然な塗料で仕上げ、ぐっと素敵に生まれ変わりました。

ただ、 塗料を落とすのが大変手間な上、綺麗な木地が出てくるとも限らないので、持ち込まれた椅子の塗装の直しは色を合わせて傷を目立たなくする程度で、塗り直しはお受けしておりません。あしからずご容赦ください。

横から。綺麗なアーチですね。

正面から。座から背への一体化したかたちも愛嬌があります。

やや青みを帯びた黒の柔らかな手触りの布で、張り替えました。
座面は少し低く広めで、座り良いです。
小さい椅子をご紹介することが多いので、ダイニングの高さでゆったり座れるこのタイプはなかなか珍しいです。

ご来店は予約制としておりますが、ぜひお気軽にご連絡のうえ座りにいらしてくださいね。

 

Re:椅子 no.200

2020-11-06

Re:椅子

花柄モケットの丸椅子

丸い籐椅子を、布張りに張り替えました。
少しだけ残っていたお気に入りの花模様のフランスの布、もともとの籐編みの模様にもにていてよく馴染み、しかもまるでこの椅子のために残っていたかのようなサイズだったので、二人一致で迷わずこの布に。

フレームもつやつや綺麗です。

座高が少し高いですが、それがひょいと腰掛けるのに丁度良い感じです。
軽くて扱いやすいのも良いですね。

Re:椅子 no.199