村上椅子

2021-01-09

定番の椅子

青いパティナ(ブナ)

白くすべすべしたブナ材のパティナ。木肌を生かすため濡れ色の付かないワックス仕上げにしています。
それにあわせて、たくさんの青の中からお客様がコレ!と選ばれたのはイタリア製の明るいブルーのコットンリネン。肌触りはさっぱりしつつ滑らか、織りの糸に天然素材ならではのムラがあり、そのおかげで少しふわっとした感じにも見えて奥行きのある風合いです。爽やかな雰囲気に仕上がりました。

座面は本体にウェービングテープを張って軽く沈むようにした上に、へたりにくい三層のウレタンフォームと綿のクッション、背面はフェザーを使っています。

ブナのフレームは、柔らかい木の印象にあわせて、肘かけや背もたれとの接合部分は丸みを帯びたかたちに削り出しています。ゆったり座って肘をナデナデするのも気持ち良い。

 

美しい木目、フレーム製作は東近江の田中さん(tanaka woodenworks)です。
今は白い木肌もだんだん黄色っぽく濃くなって、落ち着いた色あいになってきます。育っていくのも楽しみな椅子です。

次回は、ナラのパティナをご紹介しますね。

 

 

2021-01-08

定番の椅子

青いパティナ1

もう去年のことになってしまいましたが、定番商品のPatina 1の製作事例をご紹介します。

ほぼ同時期にそれぞれ別のお客様からご注文いただいたパティナの一人掛け。同じ椅子ですが選ばれたフレームの樹種と布の組み合わせで、違った雰囲気の2脚となりました。

 

 

右はいつも作る、ブナ材。白っぽくすべすべしていて柔らかい雰囲気です。
左は、ショウルームでは二人掛けの方に使っている材の、ナラ。一人掛けでのご注文は初めてです。こちらは作りたてですがすでに落ち着いた渋めの雰囲気に。

全体のサイズや形は同じですが、実は木の種類によって、例えば背もたれと肘とのつなぎの部分の面の取り方など、ディティールを変えているのです。次回からそれぞれ、写真を載せていきたいと思います。

 

2020-02-08

定番の椅子

2色のヘアソファ

先日オーダーいただいたソファ。
最近めっきり影が薄くなった村上椅子のマスコット「ムラカミボーイ」。その髪型のかたちなので、「ヘアソファ」といいます。

黄緑と青の布張りで。ふわっと優しい形にマッチしています。腰に当たる座り心地もとても落ち着きます。

さて、ショウルームを持つ前から作り始め、展示会などで販売してきたヘアソファヘア椅子ですが、この3月末でいったん製作を終了させていただきます。
少しさみしくなりますが、また次なるものを考えていきたいと思っていますので、よろしくお願いいたします。

2019-06-18

定番の椅子

黄色とチェックのpatina

定番ソファのPatina 2シーターをお納めしました。

ダイニングチェアの張り替えをご依頼くださったお客様、生地はお任せしますとのことで(こんなケースは珍しいのですが)カーテンや張り替えで納めた椅子、以前お持ちだったソファの色などからお客様のお好みをなんとなく推察して、お部屋の雰囲気を思い出しながら選んでみました。

フレームは明るい方がお部屋に合いそうだったので、すべすべ白い木肌のブナに決定。次に背もたれ。あんまり主張のない柄ものが良いかと、薄いグレーと白の柔らかい雰囲気の千鳥格子のウールを選びました。そしてそれにあわせる座面にはベージュ系か黄色?少し色があったほうが良いかな?とたくさんある色を見比べて、コレ!という黄緑がかった抑えめの黄色を決めました。

これだけ見るとばっちり似合っているけれど、気に入っていただけるかな!?可愛すぎたかな!?とややドキドキしながらの納品でしたが、お部屋に置いてみると明るくいい雰囲気。お客さまにも素敵!と喜んでいただけてホッとしました。

ご依頼ありがとうございました!

 

2019-06-13

定番の椅子

グレーのROSA

とある6月の爽やかな日曜日、定番商品のROSAをお納めしてきました。
ショウルームに展示しているサイズと同じ三人掛けと、オプションでオットマンもご注文いただきました。

大きな窓からはお庭と山の木々。そして窓の下に低く設置された図書館みたいな本棚。あとはソファを置くだけ、というかのようにすっきりと準備していただいていたお部屋に、ぴたりと収まりました。視線を遮らない背もたれの低さというこのソファの長所をよくわかってくださっての使いかた、嬉しいですね。

さて、接近してみます。

脚はブラックウォルナット、張り地はグレーのウールと麻の混ざった布の組み合わせ。イギリスのファブリックブランドのこの布は、シンプルな細かめの平織りではありますが、濃いグレーと薄めのグレーの糸そしてところどころ麻のネップのようなものも混じって、とても深みのある色あい、質感です。また、ウールなのにさっぱりしていて私達も好きな布です。今はパリッと、少しよそ行き顏のソファですが、お使いいただくうちに良い感じに馴染んでこのお家の一員となってくれることでしょう。

簡単にお手入れなどの説明をして、納品完了。配達も自分たちで行くということに、けっこう驚かれるのですが、作ったものをどんなところで使ってもらえるのかやっぱり気になるし、お客さまの喜んでくださる反応を実感できるので、できるかぎり届けにいきたいなと思っています。今回も、周辺のおすすめスポットを教えていただいたり、田舎暮らしのことをいろいろお聞きしたり、楽しいひと時となりました。

道中の写真。書いていただいた住所に近づくにつれ集落を通り過ぎ、道は険しくなり。けっこう田舎暮らしをしている知人はいるのですが、これまたすごいところに住んではるな、どんな素敵なお家だろうと勝手に想像もふくらみます(笑)。

到着したお宅は想像通り、天然素材の内装に薪ストーブ、お家の周りは緑溢れる環境。帰り道、あー、あのソファでごろごろしたいなー。。おうちにこもって料理したり手仕事したり畑仕事して過ごせたら幸せやろなーと、ほんわか夢見るもつかの間。家々のひしめく街にさしかかるにつれ、早く預けてる子たちを迎えに行かなきゃ、、と現実にひきもどされたのでした。