村上椅子

2017-06-22

注文製作

「空間現代」の椅子

昨年東京から京都に拠点を移されたバンド、「空間現代」さん。その事務所の椅子を見繕ってほしいと依頼されて早数ヶ月、ようやくすべて整って、無事納めてきました。

まず長く低いテーブルがあり、それに合わせた椅子を4脚欲しいとのこと。ちょうどタイミングよく仕入れた椅子(下の写真)があったのでご提案しました。

喫茶店かどこかで使われていたのでしょうか。小ぶりな丸い椅子です。
このレトロ感も良いですが座り心地もアップさせたいのでちゃんと張り替えます。脚もカットしました。

色柄、素材感はゴージャスだけど丸っこいかたちのおかげで可愛らしい椅子に。このモケット生地、今まで使ったどれよりも分厚くまるで絨毯のよう。なかなかの存在感です。

お揃いで、お持ちだった肘付き椅子も張り替えました(写真一番上)。ハイバックだったのですが全体のバランスをみて、背もたれのフレームをカットして低くしています。

そして、窓際には長い机に合わせた長いベンチを。

こちらはもともと板張りだった古いベンチをリメイク。塗装もやり直し、クッションをいれて黒いヌメ革をランダムな幅で縫い合わせて張っています。縁はきらきらと細かい真鍮釘で仕上げました。

 

ワンフロアの半分側はデスクの並ぶ事務スペース。すぐ隣り合って同じ室内にありながら、全く異質な雰囲気をもつ空間が出来上がりました(全体像を取り損ねましたが、、)。

さらに、これらの空間をまとめるものとして、窓一面の大きなカーテンも製作しました。
高さ180cm幅470cm(おおよそ)の広い窓。かなりの面積を占めるので責任重大。

光を通しすぎず、遮りすぎない程よい厚みの白い麻(リネン)をポジャギのように縫いつないで、アクセントに椅子に使った花柄の生地と黒い革とを所々に縫い付けています。
そうしたことで、光を通さないところと白いパッチワークの縁取り、そして窓のサッシの影が合わさってできるリズムがとても面白い効果を生み出しています。

といっても椅子屋なので、カーテンを納めた経験はほとんどなく、吊り下げた時の長さがどうなるか少し心配していたのですが余裕を見ていたのがちょうど良い塩梅で一安心しました。カッコよかったなあー。

 

空間現代さん、明日から4日間(6/23~/26)、以前椅子をいろいろと納めさせていただいた、劇場アンダースローで公演の「ファッツアー」で音楽を担当されます。また、7月には運営されるライブハウス「外」にて上演があるそうです。興味を持たれた方はぜひこちらを。

空間現代

2016-06-24

注文製作

ベルギーリネンのソファ

IMG_3181

京都、紫竹にショップを構えられ一周年を迎えられた
家具屋、木印(きじるし)さん。
今回新商品のソファ製作を、張り部分でお手伝いさせていただきました。

イメージされているデザインをもとにフレームの構造の打ち合わせから始まり、
サイズ感などを確認しながらバネやクッションの仕様をご提案。
そして最後に生地選び。じっくり時間をかけて詰めていきました。

全体の様子。

IMG_0512

背や座の別置きクッションはボフッと包まれる感じがありつつ、
型崩れが少なく腰がある仕上がりになるように
フェザーとチップウレタンの混合を採用。
入れる分量によっても、ずいぶん座り心地や印象が変わってくるため、
そこはまた調整を。

張り地はベルギーribeco社のリネンのコレクションから
ナチュラルな色を選ばれました。
さすが、お店の雰囲気にもよく似合っていました。
どっしり大きなソファ、贅沢な気分になれますね。

家具だけでなくキッチン周り、ステーショナリーなどの木の小物から
生活雑貨、お洋服などいろんな日用品を販売されています。
こういう気の利いた小さな(そしてそこにしかない)お店が
ある町って、いいなあと思ったのでした。

 

*kijirushi
京都市北区紫竹上緑町26-1
http://kijirushi.net

 

 

2016-01-19

注文製作

Y チェアのクッション 2

Yチェアのクッションの製作ご依頼です。
前にお作りしたお客様は、ペーパーコードの汚れ防止のためということで、
ほぼ厚みのない、くたっとしたクッションにしましたが、
今回のケースは、しっかりめのウレタンを入れたものに。

厚めの椅子生地で、プリッとした感じに出来上がりました。
表と裏、二色使いなので、気分を変えられます。

脚の部分はかわして。

後ろはジッパーで出し入れ可能、紐で椅子に固定しています。

それにしても、今年は暖かいな~なんて油断していたら
本格的な寒さがやってきました。
雪、降るのかなあ。

村上椅子のHPはこちら

2015-12-25

注文製作

木のアンティークチェアのアレンジ

これからの季節、椅子に座って、つめた!となるのは
いやですよねぇ。

木の椅子には木のいすの良さがありますが、
どうもお尻には優しくない。。

ということで、優しくアレンジするご依頼。

クッションを入れて、ナチュラルな色のベルギーリネンを張りました。
やや太めの糸で織ってあるので、リネンだけれどあっさりし過ぎず
優しさもある仕上がりになりました。

もともとが張られていないデザインの椅子なので
どのような厚みでクッションを入れ、どのラインで張るかが
センスの見せ所(!?)
少しのことで印象がかなりかわってきます。
座面の側面までぐるっと張り込まず、上の面だけでとめて
真鍮鋲仕上げにしたのが、正解だったよう。
違和感なく、すっきり良い感じになったと自画自賛です。

お客様にも気に入っていただけたようで
ほっとしました。

ご依頼ありがとうございました!

村上椅子のHPはこちら

2015-11-11

注文製作

Y-chairのクッション

クッション(座布団)のご依頼です。
ハンス・J。ウェグナーの名作椅子、ワイチェア。
ペーパーコード張りの座面は見た目にも美しく、
しなりのある独特の座り心地は、他では出せませんね。

その座り心地は気にいっているのだけれど、
お子さんが小さい間だけ汚れ防止のためにクッションが欲しいとのこと。

・丸洗いできて、なるべくすぐ乾く。
・座り心地にあまり影響を与えない。
・ぺちゃっとした感じで。

というご要望を考慮して、中材はウレタンではなくワタにしてみました。
生地は真っ白のリネンで、とだけお聞きしていたので
強度はありつつあまり分厚すぎずざっくりしていない物を探し、
椅子の雰囲気にあった、上品でしなやかな、
目の詰まったものを選びました。

どうしても、きちっと作ってしまいがちなのですが
柔らかいくたっとした感じもまたよいですね。

たいへん気に入っていただけて、ほっとしました。
ご依頼ありがとうございました。

村上椅子のHPはこちら