村上椅子

2021-04-30

雑記

2021/4/30

嬉しいメールをいただきました。

Re:椅子として店に出していたこども椅子、遠方のお客さまでご来店かなわないとのことで、お送りしたところ、「傷や色あせた感じも美しく、優しく手をかけられたことが伝わり、またこの椅子で育ったお子さんがおられたのだなあと感じて、あったかい気持ちになりました」と。(部分的に引用させていただきました)

せっかくの古びた良さがあるからなるべく手をかけすぎずに、でも安心して使えるように、と修理をしたもの。それをこんなふうに感じ取っていただけたんだなと、ほっとするとともにとても嬉しく思いました。

不思議な縁を感じてと、お孫さんのために選んでいただいた椅子を介して、何度かのメールのやり取りの中で、お会いしたこともない小さなかわいらしいお子さんの姿やそれを見守られるご家族を想像して、ほっこりしたのでした。こちらこそ、ご縁に感謝いたします。

こんなご時世で外出もはばかられ、買い物はネットでという流れがさらに加速していることと思います。

ただ、私たちの扱っている椅子というものは、体に合う合わないがあるとても個人的なものだし、特に古い椅子のリメイクなどは、傷の感じやものの持つ雰囲気など、見て座って感じて買ってもらいたいな思ってきました。でもなかなかそれも難しい。
それならば、せめて見にこられない方には簡単にポチッと買えないようにと、ショッピングカートは作らずメールでお問い合わせいただいています。

お顔は見えなくても、メールのやり取りから、なんとなくでもどんな方がどういうところで使われるのかなと想像します。そしてホームページの説明では足りないところは補足し、気になる点があれば質問していただいて、きちんと納得いただいてからご購入いただきたいんです。パソコンやスマートフォンとやりとりしているのではなく、その向こうに人間がいるのだなと感じてもらいたいなと思っています。

そんなわけで、中には絵文字入りの和やかなメールを送ってこられたり、椅子をお送りしたら部屋に置いた写真を撮って送ってくださったり、と心温まるやり取りをさせていただくこともあります。

面倒に思う方もおられるでしょうが、、小さな個人の店だからこそ、うちのやり方として続けていきたいなと思っています。

 

 

2021-04-14

雑記

サイドテーブル

ムスメたちのW入学にあわせて新生活がはじまり、バタバタしていたらあっという間に月半ば。小学校めっちゃ楽しい!とウキウキだった次女は早くも三日目にして休みたい〜。。と言い出し、子も親もすでにぐったり、はやく休みの日が来ないかと心待ちにしている状態です。とほほ。

さて、店のこと。

椅子ではない古いものも、時々販売しています。
たとえばこの椅子に合わせて使ったら良いだろうな、とイメージのわく小さなテーブルなど。

こちらは、高い目のサイドテーブル。棚つきです。
足は無骨な感じの金属(鉄)。かといってそんなに重すぎはせず、ほどよい存在感です。
ざらっとした感じの黒い塗装がされていて、天板には木がはめこんであります。

いろいろ並べてみました。お店の什器にもいいですし、お家でも何かと使えそう。

天板の大きさ 335×480mm
高さ 695mm
下の台までの高さ 415 mm
天板の厚み 24mm

足はやや四方に広がっています。

¥22,000(税込)


いつも同じ風景だった階段下の空気が変わりました。模様替え、楽しいですね。

2021-02-09

雑記

田中さんの作品集

木工家の田中さんから、家具のカタログが届きました。

早速開いてみます。
おおー、かっこいい!

カタログではなく、写真集ですね。

ところどころに製作の場である東近江の深い山々や川などの自然の一瞬を切り取った頁もちりばめられていて、シンとした中に田中さんの世界観が伝わってくる、そんな一冊です。美しい写真も、田中さん自身が撮られています。

デザインもさることながら技術も素晴らしい。彼の作るものは、なんと表現して良いのかわかりませんが、すきっとしていて清々しいのです。

こんなセンスの持ち主に、村上椅子のオリジナル椅子の木部は製作してもらっています。ありがたや。

そして反対に、田中さんのデザインされたソファや椅子のクッション部分は、こちらで作らせてもらっています。

机や棚、額など、オーダーにも応じてもらえます。
気になられる方は、店にてカタログをご覧いただけますので、お声をかけてくださいね。

tanaka woodenworks

2020-01-06

雑記

2020年はじまりました

新年おめでとうございます。

写真は、1月2日夕方、出雲路橋から望む鴨川。
ここのところ毎年、お正月には実家まで歩いて行っています。その3.5キロほどの道のりのほぼ中間地点、鴨川で凧揚げするのも恒例となってきました。

今年はビニール袋と竹ひごでイスオさんが自作した凧。家のベランダで試したらよく揚がったので気を良くして鴨川まで行ってみたら意外と飛ばない。。

つまんなーいと、ご機嫌斜めでお怒りのあーさんでしたが、素敵な木のトンネルを見つけて、茂みからでてきたらニコニコ。随分切り替えができるようになってきました。

大人だって、思うようにいかなかったり嫌なこと我慢しないといけないこともいろいろとありますが、ぱぱっと気持ちを切り替えて明るい気持ちで暮らせたらなと、そんな風に思いました。

さて、この前の秋でショウルームも13年目を迎えました。少しリニューアルもしたいなとも前々から考えていまして(まだ進められるかどうか不明ですが)ひとまず1月は予約制とさせていただいています。お手数ですがご来店の前にはお電話かメールでご確認ください。

今年はどんな椅子に出会えるでしょうか。どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

2019-06-17

雑記

緑のカーテン2019

なんだかお休みのお知らせや業務連絡ばかりなので、たまには日常のことを。

我が家のリビング、西向きに大きい窓があります。京都の街中だというのにたまたま周りに高い建物もなく、ぽっかりと浮かんだリビングは雨の日でも電灯をつけなくてよいほど明るい。明るい家といえば羨ましがられるものですが、4月も中頃になってくると、今年も嫌な季節がやってくるなー、なんとかならんかなー。と毎年同じ会話。それはそれは暑いのです、、。

これまでゴーヤにヘチマ、いろんな緑のカーテンに挑戦していますが、あまりの暑さに日ざしをよけられるほどには育たず、残念な結果に。今年こそは!!とひょうたんとヘチマの二種類にしてみました。プランターも大きいものを用意し、今のところは順調です。ひょうたんの葉っぱって、びろうどみたいにふわふわなんですね。初めて知りました。白い花も綺麗だし、かわいいチビひょうたんがどんどん出来てくるのも、楽しいです。

さらに、南側にも大きな窓があるので、そちらは暑さに強そうな琉球朝顔にしてみました。こちらはまだ葉っぱもまばら。どうなることでしょうか。。